kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

73 かしこまった席でもコンサバすぎない着こなし

f:id:kokochi100:20180124200019j:plain

ファッションに疎い私なので、どうしてもファッション用語や単語でつまづきます。

今回のテーマ「コンサバ」。

コンサバの説明がきちんとできません。イメージ的にはサバサバした大人の女性がするファション!ですが、何かの略称なんでしょうか?

まずは単語から調べることにしました(泣)。

 

kotobank.jp

 

う……うん………。

コンサバティブが正式な単語なので、さらに調べてみると

 

kotobank.jp

うー、うーーーーん。

単語の意味だけではファッションのニュアンスがわからないので、ファッション用語としての説明が書かれているサイトを探してみました。

 

seikatsu-hyakka.com

コンサバファッション - Wikipedia

 

ざっくりいうと「お姉さんスタイル」「あんまり冒険しない手堅いスタイル」ということでしょうか?

 

この項目の趣旨としては「かしこまった席でもカチッとしすぎない、ほどよくカチッとしたオシャレの着こなし」という感じのようです。

 

入学式や結婚式の例が本書では書かれていますが、微妙にかしこまった席、というのが大人のお付き合いではよくあることだと思います。

私がどうしたらいいのか悩んだ場面は

同じグループ会社の社員たちで集う会食とか研修会。

くだけた感じで行う「らしい」社内外の懇話会などなど……

こういうときに、あんまりビシっと決めてもなあ、と考えてしまいます。

 

「コンサバしすぎない着こなし」の提案として

この項目で挙げられていた例が

 

  • パンツスタイルに上質なブラウスを合わせる
  • 普段使いもできるパーティ服を選ぶ

 

さじ加減?ぬけ加減?が難しいところですが、お呼ばれされる際の立場をわきまえて

自分も見る相手も心地よくいられるスタイルを模索してみては?と提案されていました。