kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

58 家具の配置ひとつで生活がしやくすなる

f:id:kokochi100:20180119121121j:plain

家庭での家具の配置を変える、となると簡単にいくもの、そうでないものが出て来ると思います。

特に大きくて重たい家具はむやみに一人では動かせません。

大掛かりな模様替え等で家具を動かす際には、タイトルのように『配置ひとつで生活がしやすくなる』、逆を言えば、配置ひとつで不便になることも念頭において計画を立てた方が良いでしょう。

 配置のコツで述べられていたのは

 

  • 空間を分けることで暮らしにメリハリをつける
  • 動かすことが容易なものは、暮らしながら配置を変えてベストな位置を探る
  • インテリアをすっきりみせる家具の配置にはコツがある

 

家具で空間の区切り(仕切り)を作ってみたり、

見た目重視だけでなく動線や動きやすさを優先してみたり……

適材適所(仕事場には集中を妨げるテレビを置かない、リビングでくつろぐならソファー等)の家具をピックアップしてみたり……

 

インテリア=センス、才能と思ってしまう部分もありますが

こうした実用的な部分が大事と思いました。

 

 

<本書で一押ししている本がこちら>