kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

53 ベッドルームはファブリック使いで季節を感じて

f:id:kokochi100:20180117213555j:plain

ベッドルームの雰囲気を手っ取り早く変えるには何をしたらいいか?

その答えの一つとして、ファブリックを活用する、というのがあります。

一番大きく空間を占めているであろう、布団のカバーの色を変えれば、大幅にイメージチェンジが図れそうです。

色の効果はもちろんなのですが、 

ここではさらに具体的に「季節を感じさせる素材」にこだわって紹介されています。

 

  • 夏→天然素材、麻やコットン
  • 冬→厚手の素材

 

これはもう洋服感覚といってもいいかもしれません。

夏に求めるのは涼しさ、冬に求めるのは暖かさ……見た目でもそれを取り入れれば、季節や気分に合わせてベッドルームをイメチェンして楽しめますね!

 

具体的なアイデアはぜひこちらの本を読んでみてください!

 

<掲載写真の商品>

調査中