kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

48 たたむ手間を考えて干す

f:id:kokochi100:20180115161618j:plain

洗濯物を干すのも、ただなんとなーく、手に取ったものから、とにかく洗濯バサミで止められるものから、というような感じで干していたら……もったいない!という今回の項目です。

 

洗濯をする、その終わりは何かといえば、衣服を綺麗にタンスなどの収納場所にしまって、いつでも着られる状態にしておくこと。これにつきると思います。

そうなると、洗濯物を干すというのは、まだ洗濯の途中段階。

ならば、次なる行程「たたむ」を意識して干した方が効率的です。

 

  • 干す前に手で叩いてシワをのばす
  • 干す位置を考える
  • 種類別に干す

 

湿った衣類をカゴの中でひっちゃかめっちゃか漁るのは大変ですが、前項の「ネットに分けて」洗っていれば、種類別に干すのも簡単になります。

上から順に何も考えずに広げていく方が楽かと思いきや、そうでもないものだなあと思う次第。

 

こういう、いわれてみれば当たり前なちょっとしたことをすれば、たたむ時の手間暇が省けます。