kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

47 ネットに分けてこまめに洗う

f:id:kokochi100:20180115160224j:plain

洗濯をする際、洗濯ネットを使う服、使わない服、どうやって区別しているでしょうか?

とりあえずーの感覚で、ダメージを防ぎたい物(おしゃれ着)、他の服にダメージを与えかねない物(ブラジャー)、からまったまら面倒な物(ストッキング)という感じで利用していますでしょうか。

 

筆者の柳沢小実さんは『自他ともに認める「ネット好き」』とのことで、ほぼほぼ全部の衣類をネットに入れているようです。

そのネットへの入れ方は「種類別」。

 

下着、靴下、シャツ……という分け方でネットに入れて洗っているそうです。

 

衣類のダメージやからみより、分別することで、干す作業がだいぶはかどるのだとか!

 

さらにシャツ等はきちんとたたんでからネットに入れて洗えばシワが少ない状態で干せるらしい。これは試してみたいかも。

 

 

<掲載写真の商品>

 

MHL.洗濯ネット

ノベルティ、非売品)

 

ドクターベックマン 色移り防止シート