kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

41 ゴミはすぐに出せるように工夫して仕分け

f:id:kokochi100:20180115102758j:plain

項目だけをみると「仕分け?普段から当たり前にやっていますけど?」と思う内容ですが、果たして皆様の自宅ではゴミは「すぐに出せる」状態でしょうか?

私の場合は……出せなくはないけど、すぐに出さない、です。

 

筆者の主張としては

 

  • ゴミ箱が大きいと、まだまだ入ると思ってしまう=ゴミ出しを先延ばししがち!
  • こまめに出すには、思い切ってゴミ箱を小ぶりなサイズに!
  • どうしたって面倒だから、フットワークならぬ、ゴミワークは軽くしよう、ニオイ対策もあるし!

 

というものです。

最後の「ゴミワーク」は私が勝手に作った言葉ですが(汗。

 

筆者のいいたいこともわかるのです。

面倒くさがりな人って、毎日よりも週一、こまめによりも一気にドーン!ってしたくなるんです(私がそうです)。

でもその「週一で、一気にドーン!」をゴミ出しでしてしまう危険性、ニオイやその週一を逃したらゴミは溜まっていく一方だったり……

なので、あえて主張して取り上げていると思うのです。

 

だがしかし。

私は「出せなくはないけど、すぐに出さない」。

だって、どうしても、どうしても

 

指定ごみ袋のお値段が気になるんですもの(悲。

 

全国各地、「市町村指定のごみ袋」というのが存在して

指定ごみ袋でないと、ごみを出してはいけない決まりになっているかと思います。

(まだ取り入れていない市町村ってあるのだろうか?)

この指定ごみ袋はスーパーなどで購入しなければなりません!

ごみを捨てるのにもお金がかかる時代……。

マメに捨てたほうがいいのも、それが大事なのもわかるのですが

 

主婦だもの節約したいんだもの、

ごみ袋いっぱいに詰めてから、捨てたいじゃない?

 

ここでは「仕分け」と「ごみの出し方」の指南しか載っていませんが

もう一つ「自分の家のごみの量の把握」についても載せてほしかったなと思います。

 

たいていの指定ごみ袋のお値段は袋の容量に忠実に比例しているかと思います。

(1Lあたり何円、という状態)

自分の地域のごみ収集日に合わせて、その時にごみ袋がいっぱいになるようなサイズのゴミ箱にすることで、毎回マメに捨てにいけるかなあと思います。

 

たとえば

地域で週2回、もえるごみの日がある。

我が家では40Lのごみ袋&ゴミ箱を使っていて、1週間で満杯になるから、週1回出すのがちょうどいい。

 

これを

 

20Lのごみ袋&ゴミ箱に変更して、週2回、まめに出すことにする!

 

という状態に変えてみるのが良い、ということを、今回の項目は後押ししていると思うのです。

 

ただ、これも地域ではごみ袋のサイズ(大・中・小や、各サイズのリットルの設定)がいろいろあると思うので、上記のような単純な切り替えができるかといえばそうでもないと思います。

 

さらに週2回といっても、前半・後半ではごみの量が同じくらいとは限らない(平日・土日などの週末の暮らし方、ライフスタイル等)ので、この絶妙、いや、微妙なところもゴミの量を把握するにあたり難しいかもしれません。

 

ゴミをこまめに出す。

この行動で一番の恩恵を受けるのは「ニオイ対策がラクになる」ここに尽きるように思います(経験則的に)。

 

 

 

<写真掲載の商品>

 

 ブラバンシアのダストボックス

(大きさ:不明)

 

 

タブトラックス

(大きさ:不明だけど小ささを進めているのでSサイズ?、カラー:ラベンダー?)

 

無印良品のフック

www.muji.net

 

 

 

このブログで愛読している本はこちら!