kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

スポンサーリンク

22 長い目で見て必要か、購入前に判断する

f:id:kokochi100:20170801165515j:plain

 ここではファッション&クローゼット関連を具体例に挙げて、購入の見極め方を諭しています。

 オシャレが好きな人ほど、多くの服を所有しがちでクローゼットの収納も苦労しやすいそうです。

 ただ、そこで矛盾が生じてくる人も出てくるというのです。

 

 「服が多いほどコーディネートしにくくなる」

 

 アイテム数が多ければ、その数の分だけコーディネートのパターンが増えるかと思いきや、全く逆になるというのです。

 この矛盾が出てしまうのは、アイテムが把握しづらくなることでコーディネートの幅が狭くなることが原因。

 

 予防策としては、前回の「21 買うことは収納すること」と同様、買う時の意識づけが重要になってくるといいます。

 

  • 似た服を所持していないか?
  • 収納スペースはあるか?
  • 手持ちのアイテムと合わせやすいか?

 

 これらを考える必要があると提案しています。

 個人的に、さらに自問自答を足すとしたら

 

  • これを買ったら捨ててもいいと思える服があるか?
  • どのくらいの期間でこの服を手放すか?
  • 持っている服と合わせて3パターン以上のコーディネートがすぐ思いつくか?

 

というのも加えたいところです。

 

 これらの考え方は断捨離&ミニマリストから学んだことなので、収納スペースの確保と買った物を必ず活かす心構えの強化といった部分が含まれてます。

 

 ただ、ここでは「収納・片付け」に要点を絞っています。なので捨てるススメはしていません。

 手持ちの服を本当に活かすためには、把握することから。把握するためには「収納・片付け」を活用する。そこが一番のキモと思います。

 

 

<掲載写真の商品>

ボストン型メガネ(類似品)楽天市場 https://item.rakuten.co.jp/studio-glass/stg-sw-2884/