kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

スポンサーリンク

19 適材適所に収納して物を最大限活かせる部屋に

f:id:kokochi100:20170801012022j:plain

 心地よい暮らし=部屋がきれい。それだけでは不十分と綴られています。

 暮らしていくためには毎日のちょっとした動作や作業がスムーズにいくよう、必要な物をすぐに取り出せる使いやすい状態を作っておくことが大切!

  それを端的に指摘すれば「適材適所」。

 

 「こうするべき」という考え方にとらわれず、自分の暮らしに収納を合わせることが、片付けを習慣化するための近道……

 

 この項目では「本」について具体例が書かれていました。

 本なら本棚に収納するのが当たり前かもしれませんが、料理のレシピ本だったら必要な時にすぐ見れるよう、台所の戸棚にしまっていたほうが活用できるということ。

 

 そんな感じで、自分の暮らし&動線を考えた適材適所を見つけ、そこに物をスタンバイさせることで暮らしがグンとスムーズになります。

 

 私の場合だと、靴箱の中にお香セットを収納しています。

 お香の土台となる器、ストックしているお香、ライターを靴箱の片隅にスタンバイさせています。

 我が家では玄関に芳香剤を置くかわりに、1日1回、お香をたいています。それをわざわざ別の部屋から持ってくるのも面倒、だからといって常に玄関に出しっ放しというのも無粋といいますか……

 湿気には十分気をつけるべきものですが、朝玄関周りを掃除したあとに、さっと取り出してお香を炊く、終わったころとか外出前にすぐしまえる、この便利さのおかげで続いている習慣かと思います。

 

<掲載写真の商品>

雑誌「リンネル」

 

ソファ unico  MOLN(モルン) レザーソファ 3シーター

 

山田照明 Zライト LEDデスクライト ブラック Z-Light Z-108LEDB

 

(類似品)IKEA OTTAVAペンダントランプ(ステンレス・シルバー)(掲載写真ではブラック)

 

壁掛け時計 P.F.S×SEIKO 船舶用掛け時計?

 

コーヒーテーブルL TAC-228WAL トムテ