kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

100のヒント

100 サプリ代わりに1日1個の梅干し

世界的に日本食・和食がブームになったり注目されています。 日本ならではの独特の食べ物を、外国の方が試食して顔をしかめている様子を映したテレビ番組を見たことがあります。 正直「いやいや。大抵の日本人は小さいころの慣れで食べられるだろうけど、苦…

99 5色の野菜をバランスよく摂る

「野菜をたくさん食べなさい」「バランスよく栄養をとりなさい」 というようなことを、小さいころから、小学校の家庭科の授業からいわれてきたように思います。 とはいえ、食材一つ一つの細やかに栄養素まではなかなか覚えられないもの。 しかしながら「色」…

98 水分補給は大切に

人に勧められたら何でも試してみるという、筆者のマエダサチコさん。 意欲的な気持ちも、きれいさ、美しさの秘訣かもしれません! 唯一の悩みが『いいものが増えすぎて、どれを続けてどれをやめるかというせめぎあい』だそうです。 そんな悩みもありつつ、「…

97 しっくりくるヘアスタイル

美容室に行くと、どうしても「せっかくだから」と毎回イメチェンにチャレンジしたくなります。 しかしながら年齢を重ねてきて、もとい、美容室に行く回数を重ねるごとに、なんとなく自分に合う、合わないヘアスタイルというのが分かってきたように思います。…

96 ヘアケアはオーガニックのものを

これまでの項目でも筆者のマエダサチコさんは「オーガニック系」をオススメしていましたが、この項目ではタイトルに盛り込むくらい、強く推しているようです! マエダさんはヘアケアに関して、どんなアイテムを愛用されているのでしょうか?またどんなお手入…

95 5分で簡単いつものメイク

メイクで一番大切にしていることは何でしょうか? ざっくりとした質問なので アイメイク?ツヤ感?カバー力?すっぴんメイク? といった答えが出てくるのかなあと想像してみましたが、筆者のマエダサチコさんの答えはというと……

94 毎朝の半身浴を習慣に

『運動をまったくしないので、どうにかして新陳代謝を活発にしたいという意識から始めたのが半身浴』 と語る筆者のマエダサチコさん。 マエダさん流の半身浴の仕方は一体どんなものなのでしょうか?

93 ずっと愛用している石けん

皆さん、体を洗う時のソープは、「石けん派」ですか?「ボディーソープ派」ですか? 私は数年前から「石けん派」になりました。 肌が丈夫ということもあって特にこだわりはなく、石けんのほうがコスパが良いこと、特に便利な石けんホルダーを手に入れてから…

92 酷使する手をいわたる

キャンドルアーティストでもある筆者のマエダサチコさん。 毎日の作業でやけどはしょっちゅう、洗浄力の強い洗剤を使うこともあって、ハンドケアにはかなり気を使っているそうです。 そんなマエダさんが数多くのハンドケアアイテムを試して、マイ・スタンダ…

91 お肌の調子に合わせた集中ケア

毎日のお手入れはシンプルに、しかしながら、冬に起こりがちな乾燥や時々起こる肌トラブルにはこまめに対応したいもの。 そういうときに欠かせないのが「集中ケア」商品です。

90 頼もしいデイリーケアアイテム

気になったこと、興味があることは、どんどん聞いてみること。 そして聞いたことを即実行してみること。 この2つの心意気が、美への近道なのかもしれません。

89 洗顔はやさしくていねいに

見た目もお肌も若々しいマエダサチコさん。 そんなマエダさんの美の秘訣はなんだろう?と思った矢先、この項目が答えの一つなのかなと思いました。 美容に詳しい人に教わったことを意識、実践しているそうです!

88 香りで気持ちをリセットする

香水の瓶をまるまる一瓶、使い切ったことがありません(汗。 半分以下になるころには違う香りに「浮気」しがちになったりして、残りを芳香剤(オシャレにいうところのディフューザー)がわりにしてしまいます。 なぜかな?と考えたところ、香水を日常的に使…

87 灯して楽しむキャンドルタイム

『キャンドルは生活そのもの』 キャンドルアーティストのマエダサチコさん、24時間では足りないくらい、キャンドルのことについて考え続けているのだとか! 制作とは別に自分用にも作ってよく灯しているそうです。

86 アロマオイルでリラックス

今回からカテゴリーは「ビューティーについて」! 担当する方はマエダサチコさん。 マエダさんの本職はキャンドルアーティストのようです。 ビューティー=美容・メイクと思い込んでいた私にとっては意外に思いましたが、マエダさんの肌ツヤを写真で見て納得…

85 モードなアイテムはカジュアルな装いに

前の項目で「普段着にハイブランドのバッグを加えるとクラスアップできる」という内容をお届けしました。 今回の項目でもそれに通ずるものがあります。 佐藤かなさんの工夫は 『直球カジュアルスタイルには、ハイクオリティな素材のデザイン小物を合わせて大…

84 ハイブランドはシンプルなデザインを

「安っぽいバッグ複数持つより、大事にできる高価なバッグを一つ持ちたい……」 なんて思うようになってきました。 オトナになった(年を取った?)からなのかでしょうか? でも思い切って!購入!とはなかなかなりません(汗。 ハイブランド商品は、憧れます…

83 着こなしのアクセントになる小物使い

好きなのに、使えない…… そんな矛盾した気持ちを抱えたことはないでしょうか? 特にファッションではよくあることのように思います。 本当は派手な柄だって好きだけれども、どうにも服には取り入れられない…… しかしながらファッションに取り入れる方法があ…

82 さりげない親子リンクのコーディネート

「双子コーデ」「姉妹コーデ」なるものが若い子たちで流行った時期もありましたが、「ペアルック」というファッションの楽しみ方は昔から現在でも健在であります。 ペアルックは恥ずかしいけれども、同じ色や同じ柄でおそろい感を出すのは、それほど抵抗を感…

81 巻き方いろいろ、首まわりのおしゃれ

マフラーやストールの巻き方、いくつ知っていますか? いろいろな巻き方があるんだよなあと思っても、ついついいつも同じ巻き方をしてしまいがちな自分がいます。 オシャレ要員というより「寒いから!」という防寒対策、実用性重視にしてしまうからだと思い…

80 トレンチコートの選び方と着こなし

『誰にでも似合い、トレンドを意識せずに、ずっと着られるコートといえば定番のトレンチ』 ……冒頭でそう申しておりますが、一つだけ、物申したい。 「似合うトレンチコート探すのって、結構苦労するんです!」

79 ヘアアクセや帽子で着こなしを味つけ

ヘアアクセサリーや帽子、活用していますか? 私の髪の毛はボブ〜セミロングをいったりきたりしている状態ですが、うまく活用できていません。 小物をセンス良く選ばないと、どうにも子供っぽくなるように思って躊躇しています。 佐藤かなさんは『ギリギリ結…

78 足元のおしゃれも抜かりなく

皆さんは、靴下やタイツ、ストッキングは何足分を持っているでしょうか? 私は数えてみたところ、10足くらいでしたが、佐藤かよさんは『衣装ケース3個分』あるそうです!なんでそんなに!?どうしてでしょうか?

77 趣味は手作り&リメイク

この項目は見開き2ページで筆者の佐藤かなさんの手芸好きエピソードからはじまり、具体的に行っているリメイク方法を紹介しています。 手作りやリメイクの魅力について語られています。

76 ネイルとアクセサリーで手元のおしゃれ

自分の体で自分自身が目につきやすい部分が「手元」。 だからこそ、ネイルや指輪などの手元のオシャレというのは、誰かのため、というよりも、自分自身のため、テンションやモチベーションアップにも繋がりやすいのかなと思います。

75 大人になると欲しい大ぶりアクセサリー

なぜ「大人になると大ぶりアクセサリーが欲しくなるのか」。 この疑問に対して、この項目では明確には語られていませんが『年齢的にも、少し盛ってちょうどいい感じ』とふんわり答えられています。 服装がシンプルすぎる時、メリハリをつけるのに役立つのが…

74 ベーシックな装いをクラスアップする小物

『ボーダートップスとチノパンという定番スタイルは、小物次第でさまざまな雰囲気に変化します』 と語る佐藤かなさん。 そのなかでも、ここ数年、劇的にハマっているアイテムがあるとのこと。

72 鮮やかなアイテムで脱マンネリ化

私のワードローブは基本的に「黒、グレー、白」という3色にしています。 いろんなファッション指南本や書籍、断捨離やミニマリストの本を読んでみて、自分に合ったファッションとの付き合い方(暮らしが快適になる、着合わせに悩まなくていい、ライフスタイ…

71 カジュアルすぎないスウェットおしゃれ

たまたま見つけた画像が素敵だったので、いつもと若干テイストが違うものの採用しました。 スポーツ着、カジュアルなのにおじいちゃんも女性もなぜかオシャレに見えます。 そして、今回のテーマ……スウェット=オシャレ、は結びつきにくい!

70 足元は8割方スニーカー

「オシャレは足元から」なんていう言葉もあるので、ファッションに敏感な方やオシャレな人は色んな種類の靴をたくさん所有しているのだろうなあと勝手に思っていました。 しかし筆者の佐藤かなさんが所有している大半が「スニーカー」というのだから驚きまし…