kokochi100

リンネル編集部の本「心地いい暮らしを作る100のヒント」の雑感とともに、掲載されていた商品を紹介します。

インテリアについて

79 ヘアアクセや帽子で着こなしを味つけ

ヘアアクセサリーや帽子、活用していますか? 私の髪の毛はボブ〜セミロングをいったりきたりしている状態ですが、うまく活用できていません。 小物をセンス良く選ばないと、どうにも子供っぽくなるように思って躊躇しています。 佐藤かなさんは『ギリギリ結…

63 インテリアをさらに素敵に見せる小物の配置と飾り方

お店で「かわいい!」「素敵!」と思って購入して、自分の部屋に飾ってウキウキ気分になるものの、日にちが経ってくると「あれ?なんか違う?」「お店で見た時はもっとオシャレだったのに」と思ってしまったりする。 そんなことって、たまに(よく?)あった…

62 DIYやセルフリノベーションにも挑戦を

DIY、リノベーション、そういった単語が普及して経ちますが、正しい説明ができるでしょうか? 私はできません(泣)。 なんとなく「自分で作ること」みたいな感じで、ふんわりとした意味でしか捉えていません。

61 引っ越し前に考えたい、間取りやインテリアのこと

雑誌やインスタグラム、テレビなどで素敵な家をみて「こんなところに住みたい!」と思ったことはありますでしょうか? 私は憧れはするものの、真っ先に「掃除しやすいかな?」と考えてしまいます。 どうしても自分があの素敵な状態を維持できるのかどうかが…

60 模様替えは暮らしや季節などに合わせて楽しむ

インテリアは絶えず変化させるもの…… そう言われたら、どう思うでしょうか? ワクワクしますか?それとも面倒くさいなあと思ったりしますでしょうか? 私は、どちらかといえばワクワクする方です。だってたまに模様替えをしたくなる気分……部屋の様子に飽きて…

59 カラーコーディネートは家具の色や広い面から考えるとうまくいく

全体の彩りを考えるのは、家具の配置が決まってから。 もし家具のレイアウトを定めていないのであれば、前項を読むなどして、ぜひともしっかり家具の場所を定めてからにしましょう!

58 家具の配置ひとつで生活がしやくすなる

家庭での家具の配置を変える、となると簡単にいくもの、そうでないものが出て来ると思います。 特に大きくて重たい家具はむやみに一人では動かせません。 大掛かりな模様替え等で家具を動かす際には、タイトルのように『配置ひとつで生活がしやすくなる』、…

57 家具は固定概念にとらわれずに何通りにも使ってみる

『「この家具はこう使うもの」と決めつけず、使い方を自由にアレンジしてみるのも、インテリアを楽しむ秘訣です」 冒頭から確信をついていますが、具体的な内容はどうなっているでしょうか?

55 玄関こそ実用性と自分らしさがあふれる空間づくりを

玄関は「家の顔」なんてよく言われます。 それとともに来客した方へのおもてなしの気持ちを真っ先に表現できる場所でもあります。 この項目では『◯◯感があること』を大前提に、さらに踏み込んだ内容が語ってあります。

54 トイレ&サニタリーはひとつの部屋を作るようにして

『実用的なスペースだけに、おしゃれなインテリアをあきらめてしまいがち』という冒頭からはじまる、今回の項目。 トイレや洗面所も「部屋」として考えて取り組んでみては?と提言しています。

53 ベッドルームはファブリック使いで季節を感じて

ベッドルームの雰囲気を手っ取り早く変えるには何をしたらいいか? その答えの一つとして、ファブリックを活用する、というのがあります。 一番大きく空間を占めているであろう、布団のカバーの色を変えれば、大幅にイメージチェンジが図れそうです。

52 キッチン作りを楽しむとますます料理が楽しくなる

毎日の献立にはじまり片付け掃除まで、悩みの尽きない台所。 料理が楽しくするのにインテリアの力を活用してみてはいかがでしょうか?

51 ダイニングは機能性を重視して

ダイニングで真っ先に挙げられていたポイントが 「テーブル選び」。 この空間の顔といっても過言ではないくらいです。

50 ゆったりとくつろげるリビングとは

リビングに求められているのは「くつろぎ」ではないでしょうか? 「くつろぎ」を作ってくれるオススメ定番のインテリアとは?

49 暮らしに合わせてフレキシブルにインテリアを考える

この章からは「インテリアについて」が語られています。 担当は「石井佳苗」さん。主な著書は『インテリア練習帖』(小社刊)。 インテリアについて、最初の項目のなかに「フレキシブル」という単語。 どういう意味なのか説明できないので調べてみました。